BASFのプラチナ貴金属触媒(PGM)プロジェクトが起工へ(2010-04-27)

 
      4月22日、BASF化工有限公司が投資したプラチナ貴金属触媒(PGM)プロジェクトは上海化学工業区にて起工すした。上海化学工業区管理委員会主任兼上海化学工業区発展有限公司総経理の張耀倫氏が起工式典に出席し、挨拶を述べた。BASF材料サービス社のグローバル副総裁のFrank Bozich氏とBASF中国地区の代表取締役関志華氏も同式典に出席。本プロジェクトは2011年頭ごろに完成、2011年5月に正式稼動の予定である。